光回線 ドコモ光

【2022年最新】ドコモ光おすすめのプロバイダを料金別に徹底比較!確認・変更方法も解説

この記事で解説すること

  • プロバイダによって変わること変わらないこと
  • ドコモ光のプロバイダを徹底比較
  • 損をしないプロバイダの選び方
  • ドコモ光おすすめのプロバイダを紹介
  • プロバイダの確認・変更方法を解説

プロバイダ選びを疎かにすると「ネットが遅い」「サポートが良くない」「プロバイダを変更したい」と後々後悔する可能性があります。

後悔しないためにもしっかりとあなたに合ったプロバイダを選んでいきましょう。

確かに後からプロバイダ変更するのって面倒くさそう。

助手マシュマロ
管理人クッキー

プロバイダの変更方法も当記事で解説していますが、初めにしっかりと「自分に合ったプロバイダ」を選んだ方が後々の手間が省けます。

この記事では「プロバイダの選び方」から「ドコモ光でおすすめのプロバイダ」まで徹底解説しています。

「ドコモ光への乗り換えや新規契約を検討していてプロバイダ選びに困っている人」もしくは「今現在ドコモ光を利用していてプロバイダを変更したい人」はぜひ見ていってください。

この記事がおすすめの人

  • プロバイダ選びで悩んでいる人
  • 失敗しない正しいプロバイダの選び方が知りたい人
  • ドコモ光のプロバイダについて詳しく知りたい人
  • 現在契約しているドコモ光のプロバイダを確認・変更したい人
  • ドコモ光でおすすめのプロバイダが知りたい人
管理人クッキー

ドコモ光のプロバイダは以下の通り全部で24社あります。

ドコモ光プロバイダ一覧

  1. ドコモnet
  2. plala
  3. GMOとくとくBB
  4. @nifty
  5. andline
  6. BIGLOBE
  7. SPEEDIA(SIS)
  8. hi-ho
  9. Ic-net
  10. Tigers-net.com
  11. DTI
  12. エディオンネット
  13. SYNAPSE
  14. BB.excite.
  15. 楽天ブロードバンド
  16. TiKiTiKi
  17. @ネスク
  18. 01光コアラ
  19. OCN
  20. @TCOM
  21. TNC
  22. @ちゃんぷるネット
  23. WAKWAK
  24. AsahiNet

01光コアラは2022年5月31日をもってサービス提供が終了となるのでドコモ光のプロバイダは実質23社になります。

どのプロバイダを選んでも変わらないドコモ光の基本情報は以下の通りです。

ドコモ光の基本情報
詳細
契約期間
戸建てタイプ

2年

マンションタイプ
事務手数料
3,300円
戸建て月額料金:1ギガ

タイプA:5,720円

タイプB:5,940円

単独タイプ:5,500円

光ミニ:2,970~6,270円

マンション月額料金:1ギガ

タイプA:4,400円

タイプB:4,620円

単独タイプ:4,180円

ドコモ光10ギガの月額料金(戸建のみ提供)

タイプA:6,930円

タイプB:7,150円

単独タイプ:6,490円円

キャッシュバック額
最大20,000円(GMOとくとくBB)
スマホセット割
ドコモ光セット割:永年最大1,100円割引
工事費
戸建てタイプ
19,800円(実質0円)
マンションタイプ
16,500円(実質0円)
解約金
戸建タイプ
14,300円
マンションタイプ
8,800円

結論から言うとドコモ光のプロバイダで最もおすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBなら通信速度が速いため快適にネットを楽しむことができます。

また、GMOとくとくBBからの申込みで高性能Wi-Fiルーターが無料でレンタルできるのでWi-Fiルーターを買う手間や選ぶ時間を省くことができます。

速いネット環境が欲しい人、Wi-Fiルーターを選ぶ手間や買う手間を省きたい人は「GMOとくとくBB」からドコモ光を申込みましょう。

\高性能Wi-Fiルータープレゼント実施中/

GMOとくとくBB公式サイトはこちら

最大20,000円キャッシュバック

プロバイダによって変わること変わらないこと

ドコモ光のどのプロバイダを選んでも変わらないことと変わることを解説していきます。

変わらない3つのこと

  • 最大通信速度
  • 公式キャンペーン内容
  • 提供エリア

変わる4つのこと

  • 月額料金
  • 実際の通信速度
  • 独自キャンペーン
  • オプション

それぞれ見ていきましょう。

どのプロバイダを選んでも変わらない3つのこと

ドコモ光のプロバイダ24社どれを選んでも変わらないことは以下の3つです。

  • 最大通信速度
  • 公式キャンペーン
  • 提供エリア

それぞれ見ていきましょう。

最大通信速度

ドコモ光の最大通信速度は上り1Gbps・下り1Gbpsです。

最大通信速度はドコモ光のプロバイダ24社どれを選んでも変わりません。

ただし、ドコモ光はベストエフォート型サービスなので常に最大通信速度が出るとは限りません。

公式キャンペーン内容

ドコモ光に変えた際に受けられるキャンペーンとして、公式キャンペーン・プロバイダキャンペーン・代理店キャンペーンの3つがあります。

どのプロバイダと契約してもどの代理店から申し込んでも公式キャンペーンだけは変わらず受けられるキャンペーンです。

公式キャンペーンには以下の2つがあります。

  • ドコモ光新規工事料無料特典
  • ドコモ光セット割

それぞれ解説していきます。

ドコモ光新規工事料無料特典

ドコモ光の工事料は本来であれば戸建て:19,800円、マンション:16,500円がかかります。

ドコモ光新規工事料無料特典とは名前の通りドコモ光を新規で契約した際の工事料を無料にするキャンペーンです。

工事費キャンペーンにより戸建てなら19,800円分、マンションなら16,500円分お得になります。

ドコモ光セット割

ドコモ光セット割とは「ドコモのスマホ」と「ドコモ光」を同時に使用することで受けられるセット割です。

ドコモ光セット割の割引額はスマホのプランに応じて変動します。

割引額は以下の通りです。

対象料金プラン「ドコモ光」定額プラン(タイプA/B/C/単独タイプ、10ギガ タイプA/B/単独タイプ)の割引額「ドコモ光」2段階定額プラン(ドコモ光ミニ)の割引額
5Gギガホ プレミア1,100円/月額割引550円/月額割引
5Gギガホ
ギガホ プレミア
ギガホ
5Gギガライト/ギガライト~1GB--
~3GB550円/月額割引220円/月額割引
~5GB1,100円/月額割引550円/月額割引
~7GB1,100円/月額割引550円/月額割引

ドコモ光セット割はドコモ光ではなくドコモスマホの料金から割引されます。

提供エリア

ドコモ光の提供エリアはプロバイダによって変わることはありません。

そのためお住いのエリアに関係なく好きなプロバイダを選ぶことができます。

管理人クッキー

続いてプロバイダによって変わる4つのことについて解説していきます。

プロバイダによって変わる4つのこと

プロバイダによって変わることは以下の4つです。

  • 月額料金
  • 実際の通信速度
  • 独自キャンペーン
  • オプション

それぞれ見ていきましょう。

月額料金

ドコモ光のプロバイダにはタイプAとタイプBがあり、月額料金が異なります。

タイプ別戸建ての料金マンションの料金
タイプA5,720円4,400円
タイプB5,940円4,620円

タイプBよりもタイプAの方が月額220円安いです。

ただし、220円高いタイプBの方がサービスが多いといったことはありません。

また、料金が高い方が通信速度が速いといったこともありません。

そのため、タイプAの中からプロバイダを選んだ方がお得です。

2年間ドコモ光を利用した場合タイプAとタイプBで5,280円もの差額が生まれます。

5,280円もあったら美味しい料理が食べられますね。

助手マシュマロ

タイプAのプロバイダ

  1. ドコモnet
  2. plala
  3. GMOとくとくBB
  4. @nifty
  5. DTI
  6. Ic-net
  7. Tigers-net.com
  8. BIGLOBE
  9. andline
  10. SYNAPSE
  11. excite
  12. エディオンネット
  13. SPEEDIA(SIS)
  14. 楽天ブロードバンド
  15. TiKiTiKi
  16. hi-ho
  17. @ネスク
  18. 01光コアラ

タイプBのプロバイダ

  1. OCN
  2. @TCOM
  3. TNC
  4. AsahiNet
  5. WAKWAK
  6. @ちゃんぷるネット

タイプAの方が月額220円安いので特別な理由がない限りはタイプAの中からプロバイダを選ぶことをおすすめします。

実際の通信速度

最大通信速度はどのプロバイダを選んでも変わりませんが、実際の通信速度はプロバイダによって異なります。(プロバイダの利用人数や設備が異なるため)

みんなのネット回線速度」サイトより通信速度を調査し、プロバイダ別速度表を作成しました。

サービス終了予定のプロバイダ「01コアラ」を抜いた23社で比較します。

平均ダウンロード速度順になっています。

プロバイダ別速度比較表プロバイダ名測定件数平均Ping値平均ダウンロード速度平均アップロード速度
タイプBTNC32件16.37ms366.9Mbps257.91Mbps
タイプASYNAPSE80件33.93ms307.73Mbps152.22Mbps
タイプAドコモNET3758件21.14ms307.47Mbps244.1Mbps
タイプAGMOとくとくBB14702件22.96ms297.46Mbps232.65Mbps
タイプABIGLOBE5758件22.81ms291.66Mbps193.0Mbps
タイプATiKiTiKi56件28.77ms289.13Mbps154.88Mbps
タイプB@TCOM604件15.85ms281.79Mbps206.62Mbps
タイプBAsahiNet1229件16.45ms280.16Mbps223.82Mbps
タイプATigers-net.com508件23.86ms277.6Mbps242.71Mbps
タイプAplala10320件22.83ms274.65Mbps206.31Mbps
タイプAエディオンネット535件26.67ms271.07Mbps192.05Mbps
タイプBOCN11952件19.93ms262.86Mbps191.96Mbps
タイプADTI946件17.89ms254.84Mbps223.11Mbps
タイプABB.excite756件38.04ms239.27Mbps188.99Mbps
タイプA@nifty5518件17.61ms214.41Mbps225.87Mbps
タイプAandline697件23.25ms214.41Mbps189.97Mbps
タイプAIc-net120件29.38ms215.94Mbps178.31Mbps
タイプBWAKWAK191件28.32ms212.77Mbps185.52Mbps
タイプA@ネスク4件18.1ms194.09Mbps147.97Mbps
タイプA楽天ブロードバンド567件33.23ms162.86Mbps159.24Mbps
タイプAhi-ho467件36.27ms147.19Mbps173.28Mbps
タイプASPEEDIA(SIS)3件21.6ms139.36Mbps204.57Mbps
タイプBちゃんぷるネット1件56.15ms1.76Mbps112.93Mbps

上記の図の通り、平均ダウンロード速度が1位となったのはタイプBのTNCですが、測定件数がかなり少ないため通信速度が安定しない可能性があります。

第2のタイプASYNAPSEも測定件数が少ないです。

第3のタイプAドコモNETは測定件数が3758件とそこそこあるため信頼できますが、当サイトでは14702件と1番測定件数が多かったタイプAの「GMOとくとくBB」が最もおすすめです。

プロバイダ別速度比較表では4位のGMOとくとくBBですが、最も測定件数が多いため数値に安定性があります。

また、測定件数が最も多いということはそれだけ人気のプロバイダでもあるので当サイトでもおすすめしています。

測定件数は人気順だといっても良い!

助手マシュマロ

GMOとくとくBBを選べない事情がある人、もしくはどうしてもタイプBから選びたいという人は測定件数が2番目に多かったタイプBのOCNがおすすめです。

速度別プロバイダの選び方をもう一度おさらいすると

安定した速いプロバイダを選ぶポイント

  • 料金が安いタイプAで選ぶこと
  • 測定件数が多いプロバイダを選ぶこと
  • ダウンロード速度が速いプロバイダを選ぶこと

GMOとくとくBBを選べない事情がある方はドコモnetを選びましょう。

当サイトおすすめのプロバイダ第3位まで発表します。

おすすめプロバイダ順位タイプとプロバイダ名
1位タイプA:GMOとくとくBB
2位タイプA:plala
3位タイプB:OCN

独自キャンペーン

公式キャンペーンはどのプロバイダを選んでも変わらずに適用されますが、プロバイダ独自のキャンペーンは申し込むプロバイダによって内容が異なります。

1番人気のGMOとくとくBBでは3つの高性能Wi-Fiルーターから1つを選んで無料レンタルできるキャンペーンを開催しています。

初めから高性能のWi-Fiルーターが使えるので購入する手間や料金が省けるのは嬉しいですよね。

助手マシュマロ

オプションサービス

プロバイダによって付けられるオプションサービスの内容が異なります。

基本的にはWi-Fiルーターレンタルがあるプロバイダを選ぶもしくは利用したいサービスがあるプロバイダを選ぶようにしましょう。

メールアドレスはフリーメールで代用が効くので特別な理由がない限りは通信速度の速いプロバイダがおすすめです。

タイププロバイダ名Wi-Fiルーターレンタル訪問サポートリモートサポート総合セキュリティソフトメールウイルスチェックメールアドレス数
タイプAドコモNET×有料有料12ヶ月無料1
plala初回無料無料無料(24ヶ月)7
GMOとくとくBB初回無料(12ヶ月以内)×12ヶ月無料15
@nifty初回無料(13ヶ月以内)初回無料12ヶ月無料15
andline初回無料初回無料12ヶ月無料5
SPEEDIA(SIS)初回無料(60日以内)初回無料(60日以内)無料〇(受信時のみ)9
BIGLOBE初回無料無料12ヶ月無料5
Ic-net2回無料無料無料15
hi-ho初回無料初回無料12ヶ月無料6
BB.excite初回無料有料36ヶ月無料1
Tigers-net.com初回無料(180日以内)無料無料2
エディオンネット×有料×有料1
SYNAPSE×初回無料(6ヶ月以内)初回無料(6ヶ月以内)12ヶ月無料1
DTI×××10
楽天ブロードバンド××初回無料(60日以内)12ヶ月無料10
@ネスク××有料1
TiKiTiKi×有料×有料1
タイプBOCN初回無料有料12ヶ月無料〇(送信時のみ)1
@TCOM初回無料(60日以内)有料12ヶ月無料1
TNC×有料×12ヶ月無料3
ちゃんぷるネット無料(12ヶ月以内)×有料〇(受信時のみ)1
WAKWAK×有料×有料〇(送信時のみ)2
AsahiNet×××有料有料1

ドコモ光のプロバイダを選ぶ5つのポイント

プロバイダを選ぶ5つのポイント

ここからは実際にドコモ光のプロバイダを選ぶ上で重要な6つのポイントについて解説していきます。

ドコモ光のプロバイダを選ぶポイントは以下の5つです。

  1. 月額料金が安いタイプAを選ぶこと
  2. 実際の回線速度が速いプロバイダを選ぶこと
  3. Wi-Fiルーターの無料レンタルがあるプロバイダを選ぶこと
  4. v6プラス対応のプロバイダを選ぶこと
  5. セキュリティサービスが充実したプロバイダを選ぶこと

それぞれ解説していきます。

1:月額料金が安いタイプAから選ぶ

ドコモ光の料金は加入するプロバイダによって変わります。

タイプAであれば戸建て月額5,720円:マンション月額4,400円、タイプBであれば戸建て月額5,940円:マンション月額4,620円です。

タイプAの方が戸建てもマンションも月額220円安いため、特別な理由がない限りはタイプAの中からプロバイダを選ぶのがおすすめです。

「以前からタイプBのプロバイダを使用していてアドレスを変えたくない」もしくは「タイプBプロバイダのサービスを受けたい」といった場合はタイプBからプロバイダ選ぶのもOKです!

2:実際の通信速度が速いプロバイダを選ぶ

ドコモ光の通信速度は上り1Gbps・下り1Gbpsですが実際の通信速度は契約するプロバイダによって大きな差があります。

プロバイダの加入人数や通信設備が実際の通信速度に影響します。

加入している人が多く、人気なプロバイダだと平日の夜や土日には回線が混みやすくなります。

逆に大手プロバイダだからこそ通信設備の増設をすることもあり、多くの人が利用しても安定した通信ができる場合もあります。

みんなのネット回線速度」サイトより調査した実際の通信速度トップ5のプロバイダがこちらです↓

ダウンロード順位プロバイダ名測定件数平均Ping値平均ダウンロード速度平均アップロード速度
1位TNC32件16.37ms366.9Mbps257.91Mbps
2位SYNAPSE80件33.93ms307.73Mbps152.22Mbps
3位ドコモNET3758件21.14ms307.47Mbps244.1Mbps
4位GMOとくとくBB14702件22.96ms297.46Mbps232.65Mbps
5位BIGLOBE5758件22.81ms291.66Mbps193.0Mbps

当サイトでは測定件数が最も多かったGMOとくとくBBをおすすめしています。

測定件数が少なすぎるプロバイダは実際に使用してみると「遅い」といったことがあります。

測定件数が多いからこそ数値に安定性があります。

GMOとくとくBBの平均ダウンロード速度は297.46Mbpsでしたが、実はこれ十分な数値なんです。

普段の生活でどのくらいの通信速度があれば十分なのかを見ていきましょう。

用途別に必要な通信速度を表でまとめました↓

用途快適に使える速度
メールの送受信やウェブサイトの閲覧1Mbps
ビデオ通話やSNSの写真投稿、YouTube720pの視聴3Mbps
YouTube1080pの視聴5Mbps
4k動画の視聴25Mbps
スマホのオンラインゲーム10~30Mbps
PCのオンラインゲーム30~100Mbps

上記の図の通り、最も通信速度が必要なPCのオンラインゲームでされ30~100Mbpsあれば十分快適に利用できます。

GMOとくとくBBの平均ダウンロード速度は297.46Mbpsなので十分快適に利用できることが分かります。

3:Wi-Fiルーターの無料レンタルがあるプロバイダを選ぶ

管理人クッキー

Wi-Fiルーターは自腹で購入すると結構高いです。

性能により値段はピンからキリまでありますが、高いWi-Fiルータだと〇万円を超える場合もあります。

そのためWi-Fiルーターの無料レンタルサービスがあるプロバイダを選ぶことでWi-Fiルーターの費用を節約することができます。

Wi-Fiルーターの無料レンタルがあるプロバイダはタイプAで9社、タイプBで2社の計11社あります。

Wi-Fiルーターの無料レンタルサービスがあるプロバイダ11社

タイプA:GMOとくとくBB、@nifty、plala、DTI、andline、BIGLOBE、SIS、hi-ho、IC-NET。

タイプB:OCN、@TCOM。

GMOとくとくBBであれば高性能Wi-Fiルーターを無料で手に入れることができます。

どのくらい高性能なのか他社のWi-Fiルーターと比較してみます。

プロバイダWi-Fiルーターメーカー希望小売価格最大通信速度(5GHz)最大通信速度(2.4GHz)
GMOとくとくBB※3種から選べるWRC-2533GST2
(ELECOM)
6,980円1733Mbps800Mbps
WSR-2533DHP3
(BUFFALO)
8,079円1733Mbps800Mbps
Aterm WG2600HS
(NEC)
8,900円1733Mbps800Mbps
plalaWN-AX1167GR2(IODATA)4,980円867Mbps300Mbps
@nifty※2種から選べるWRC-1167GS2H-B(ELECOM)3,980円867Mbps300Mbps
WSR-1166DHPL2
(BUFFALO)
4,326円867Mbps300Mbps

上記の図の通りGMOとくとくBBでレンタルできるWi-Fiルーターは5GHzと2.4GHz共に他社のWi-Fiルーターの2倍以上の通信速度があります。

管理人クッキー

せっかく光回線にして通信速度の実数値が速いプロバイダを選んでv6プラスにしたとしてもWi-Fiルーターの性能が低ければ通信速度は遅くなります。

高性能Wi-Fiルーターであれば快適にインターネットを楽しむことができます。

4:v6プラス対応のプロバイダを選ぶ

従来の通信方式はIPv4ですが、新しい通信方式はv6プラスと呼ばれます。

V6プラスを利用することで混雑なアクセス状況を回避し、快適な通信をすることができます。

v6プラスに対応したプロバイダはタイプAで12社、タイプBで3社、計15社あります。

v6プラス対応プロバイダ計15社

タイプA:GMOとくとくBB、@nifty、plala、ドコモnet、DTI、andline、BIGLOBE、SIS、hi-ho、IC-NET、Tigers-net、BB.excite。

タイプB:OCN、@TCOM、@ちゃんぷるネット。

v6プラスに対応したプロバイダを選ぶことで通信速度が速くなり快適にインターネットを利用することができます。

5:セキュリティサービスが充実したプロバイダを選ぶ

近年SNSアカウントの不正ログイン被害やコンピューターウイルスによる情報漏洩の被害が増えています。

GMOとくとくBBでは月額500円のインターネットセキュリティが今なら12ヶ月無料キャンペーンを開催しています。

実質6,000円が無料になるチャンスです。

GMOとくとくBBのインターネットセキュリティの内容は以下の4つがセットになっています。

  • スパイウェア対策
  • ウイルス対策
  • セキュリティ対策
  • 迷惑メール対策

セキュリティサービスが充実したプロバイダを選ぶことで安心してスマホやネットを利用することができます。

管理人クッキー

上記5つのプロバイダ選びのポイントを踏まえてドコモ光のプロバイダ24社を徹底比較していきます。

ドコモ光対応プロバイダ24社を徹底比較

プロバイダ名タイプv6プラス対応平均ダウンロード速度Wi-Fiルーター無料レンタルセキュリティサービス
GMOとくとくBBA297.46Mbps12ヶ月無料
BIGLOBEA291.66Mbps12ヶ月無料
plalaA274.65Mbps24ヶ月無料
DTIA254.84Mbps12ヶ月無料
Ic-netA215.94Mbps永年無料
@niftyA214.41Mbps12ヶ月無料
andlineA214.41Mbps12ヶ月無料
hi-hoA147.19Mbps12ヶ月無料
SPEEDIA(SIS)A139.36Mbps永年無料
ドコモnetA307.47Mbps×12ヶ月無料
Tigers-net.comA277.6Mbps×永年無料
エディオンネットA×271.07Mbps×有料
SYNAPSEA×307.73Mbps×12ヶ月無料
BB.exciteA×239.27Mbps×36ヶ月無料
楽天ブロードバンドA×162.86Mbps×12ヶ月無料
TiKiTiKiA×289.13Mbps×有料
ネスクA×194.09Mbps×有料
OCNB262.86Mbps12ヶ月無料
@TCOMB281.79Mbps×12ヶ月無料
@ちゃんぷるネットB×1.76Mbps有料
TNCB×366.9Mbps×12ヶ月無料
WAKWAKB×212.77Mbps×有料
AsahiNetB×280.16Mbps×有料

比較要素は以下の5つです。

  • タイプ
  • v6プラス対応の有無
  • 平均ダウンロード速度
  • Wi-Fiルーター無料レンタルの有無
  • セキュリティサービス

結論からいうとタイプAで最も通信速度が速く、高性能Wi-Fiルーターが無料でもらえるGMOとくとくBBが1番のおすすめです。

続いてGMOとくとくBBの特徴をご紹介します。

GMOとくとくBBのメリット・デメリット

GMOとくとくBBには以下5つのメリットと1つのデメリットがあります。

6つのメリット

  • タイプAで月額料金が安い
  • v6プラス対応で通信速度が速い
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料レンタル
  • モバイルWi-Fiルーターの無料貸し出し
  • 訪問サポートが初回無料で利用できる

1つのデメリット

セキュリティサービスが12ヶ月間のみ

それぞれ解説していきます。

まずはデメリットから見ていきましょう。

GMOとくとくBBの1つのデメリット

GMOとくとくBBではスパイウェア対策・ウイルス対策・セキュリティ対策・迷惑メール対策の4つがセットになったマカフィーを12ヶ月間無料で利用することができます。

スマホやパソコンをウイルスから守ることができるので安心してネットを利用することができます。

GMOとくとくBBの5つのメリット

5つのメリット

  • タイプAで月額料金が安い
  • v6プラス対応で通信速度が速い
  • 高性能Wi-Fiルーターの無料レンタル
  • モバイルWi-Fiルーターの無料貸し出し
  • 訪問サポートが初回無料で利用できる

タイプAで月額料金が安い

GMOとくとくBBはタイプAに属するプロバイダなので月額料金がタイプBよりも月額200円安いです。

v6プラス対応で通信速度が速い

GMOとくとくBBは次世代の通信方式v6プラスに対応しています。

そのためv6プラスに対応していないプロバイダよりも通信速度が速いです。

GMOとくとくBBを利用して万が一通信速度が100Mbpsを下回った場合、申請することで100円相当のGMOとくとくポイントをくれます。

高性能Wi-Fiルーターの無料レンタル

GMOとくとくBBでは3種類の高性能Wi-Fiルーターから1つを選んで無料でレンタルすることができます。

 BUFFALONECELECOM
型番WSR-2533DHP3Aterm WG2600HS2WRC-2533GST2
Wi-Fiルーター画像
無線LAN
データ転送速度(規格値)最大1733Mbps最大1733Mbps最大1733Mbps
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/ac
セキュリティ規格WPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2 mixed PSK(TKIP/AES mixed)、WEP(128/64bit)、Any接続拒否、プライバシーセパレーター、MACアクセス制限(最大登録許可台数:64台)SSID、MAC アドレスフィルタリング、ネットワーク分離機能、WEP(128bit)、WPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)、WPA3-SAE、WPA3-SAE Transition *WEPはセカンダリSSIDのみサポート *TKIPはMixed modeのみサポート *IEEE802.11ac、IEEE802.11nは対向機とAESで接続された場合のみ使用可能WPA2-PSK(AES)/WPA-PSK(TKIP)/WEP(64bit/128bit)
アンテナ方式5GHz/2.4GHz 4本(内蔵)5GHz :送信4 ×受信4
2.4GHz :送信4 ×受信4
(内蔵アンテナ)
内蔵アンテナ 8本
・2.4GHz帯 : 送受信 4本
・5GHz帯 : 送受信 4本
有線LAN
有線LANポート数LANポート:最大1000Mbps×4
INTERNETポート:最大1000Mbps×1
44
一般仕様
外形寸法37.5x160x160mm(付属品および突起物を除く)約38(W)×129.5(D)×170(H)mm(突起物除く)(W)約141.0×(D)約36.5×(H)約160.0mm (本体のみ)
質量(本体のみ)約382g(製品本体のみ)約0.5kg約380g(本体のみ)
消費電力13.7W(最大)13.5(最大)約13.2W(最大)

GMOとくとくBBではv6プラスに対応したWi-Fiルーターが初めから使えるので設定する手間が省けます。

モバイルWi-Fiルーターの無料貸し出し

ドコモ光に申し込んで工事が完了するまでの間ネットが利用できないと困るのでGMOとくとくBBではモバイルWi-Fiの無料レンタルを行っています。

無料レンタル期間は最大3ヶ月です。

最短で即日より発送できます。

訪問サポートが初回無料で利用できる

GMOとくとくBBでは訪問サポートが初回無料で利用することができます。

インターネットの設定からWi-Fi・メール・ひかりTVの設定など初期の難しい設定を全て代わりに行ってくれます。

契約から開通までの流れ

ドコモ光の申込みから開通までの流れを解説します。

新規契約・乗り換え・事業者変更の3パターンで流れが異なるためそれぞれ見ていきましょう。

契約種別意味
新規契約今まで光回線が無く初めて光回線を導入することを新規契約と言います。
乗り換えauひかりやNURO光など、他社光回線からドコモ光へ乗り換えること乗り換えと言います。
転用・事業者変更フレッツ光からドコモへ乗り換えることを「転用」、コラボ光からドコモ光へ乗り換えること「事業者変更」と言います。

光コラボレーションサービスとは?

光コラボレーションサービス、通称コラボ光とは簡単に言うと「フレッツ光回線を代わりに売るサービスモデル」のことです。

フレッツ光のエリアカバー率は東日本エリア約95%、西日本エリア約93%とかなり広いです。

ドコモ光・ソフトバンク光・ソネット光プラス・ビッグローブ光・OCN光など合わせて全681社の光コラボレーション事業者が代わりにフレッツ光回線を販売しています。

各会社ごと細かいサービスの違いはありますが全て同じNTTのフレッツ光回線を共有して利用しています。

NTT東日本の光コラボレーション事業者一覧
NTT西日本の光コラボレーション事業者一覧

※コミュファ光・eo光・auひかりなどはコラボ光ではありません。

新規契約の場合

  • ドコモ光の申込み
  • 折り返し電話でのサービス案内
  • 電話にて工事日の日程調整
  • 「開通のご案内」書類が郵送で送られる
  • 回線の開通工事(立ち合い必要)
  • ドコモ光利用開始

乗り換えの場合

  • ドコモ光の申込み
  • 折り返し電話でのサービス案内
  • 電話にて工事日の日程調整
  • 「開通のご案内」書類が郵送で送られる
  • 回線の開通工事(立ち合い必要)
  • ドコモ光が利用できるようになったら前の光回線を解約する

「ドコモ光が開通する前に契約中の光回線を解約したい」という人はネットが利用できない期間が出てくるので、GMOとくとくBBのモバイルWi-Fiルーター無料レンタルを利用しましょう。

転用・事業者変更の場合

  • ドコモ光の申込み
  • 折り返し電話でのサービス案内
  • 転用・事業者変更承諾番号を取得する
  • 申し込み後1週間前後で自動的にドコモ光へ切り替わる(内線工事のみのため立ち合いの必要がない)
  • ドコモ光利用開始

ドコモ光のプロバイダを確認する方法

現在利用しているプロバイダを確認する方法を解説します。

プロバイダを確認する方法7選

  • 確認くサイトで見る
  • 契約時の書類を確認する
  • 請求書を確認する
  • My docomoにログインして契約内容を確認する
  • プロバイダメールから確認する
  • ドコモに問い合わせる
  • 近隣のドコモショップで調べる

ドコモで契約中のプロバイダを確認する方法を7つご紹介しましたが、確認くんサイトで確認する方法が最も手っ取り早いです。

管理人クッキー

確認くんの利用方法はとっても簡単です。

確認くんの利用方法

  • ドコモ光を接続しているデバイスから確認くんサイトへアクセスする
  • プロバイダ欄に書かれているプロバイダを確認する

上記の通り確認くんサイトへアクセスするだけであなたの契約しているプロバイダを表示してくれます。(キャッシュも残らない安全なサイトなのでご安心を)

ドコモ光プロバイダの変更方法

ドコモ光のプロバイダを変更する方法は「ドコモインフォメーションセンターへ電話する」か「ドコモショップで手続きする」の2つの方法があります。

ドコモインフォメーションセンターの情報は以下の通りです。

ドコモインフォメーションセンター

電話番号:151(ドコモ携帯から)・0120-800-000(一般電話から)

受付時間:9:00~20:00

プロバイダ変更をする際は事務手数料がかかるので注意が必要です。

変更パターン事務手数料

タイプA⇒タイプA

タイプB⇒タイプB

3,300円

タイプA⇒タイプB

タイプB⇒タイプA

タイプA/B⇒単独プラン
単独プラン⇒タイプA/B無料

上記の図の通り単独プランからタイプA/Bへ変更する場合は無料ですが、それ以外のパターンでは全て事務手数料が3,300円かかります。

ドコモ光のプロバイダに関するよくある質問

プロバイダのよくある質問

ここからはドコモ光のプロバイダに関するよくある質問を一問一答形式で解説していきます。

そもそもプロバイダとは?

プロバイダとはインターネットとユーザーを繋げる事業者のことです。

別名ISPや接続事業者とも呼ばれています。

ドコモ光のプロバイダは不要?

ドコモ光に限らずインターネットを利用するには必ずプロバイダが必要です。

ドコモ光と契約することで光回線を提供してくれますが、光回線はデータが通るための道でしかありません。

その道の通行許可を出してくれるのがプロバイダなのでネットを利用するには回線業者とプロバイダの両方と契約をする必要があります。

ドコモユーザー以外でもセット割はある?

ドコモ光セット割はドコモスマホとドコモ光をセットで利用している人限定の割引です。

他社スマホをお使いの人はセット割が組める光回線の組み合わせをお選びください。

ahamoとドコモ光は一緒に利用できる?

ahamo利用者もドコモ光が利用できますが、セット割はありません。

プロバイダを変更した場合料金プランも変更になる?

変更後の料金プランに変わります。

例)タイプBからタイプAへ変更した場合月額料金が220円安くなる。

ドコモ光で利用できるプロバイダは何社ある?

1ギガの場合全24社

  • ドコモnet
  • plala
  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • andline
  • BIGLOBE
  • SPEEDIA(SIS)
  • hi-ho
  • Ic-net
  • Tigers-net.com
  • DTI
  • エディオンネット
  • SYNAPSE
  • BB.excite.
  • 楽天ブロードバンド
  • TiKiTiKi
  • @ネスク
  • 01光コアラ
  • OCN
  • @TCOM
  • TNC
  • @ちゃんぷるネット
  • WAKWAK
  • AsahiNet

10ギガの場合全9社

  • ドコモnet
  • plala
  • GMOとくとくBB
  • andline
  • Ic-net
  • hi-ho
  • BB.excite.
  • エディオンネット
  • AsahiNet

ドコモ光のプロバイダまとめ

ドコモのプロバイダまとめ

ドコモ光のプロバイダは全部で24社です。

ただし、01光コアラは2022年5月31日をもってサービス提供が終了となるのでドコモ光のプロバイダは実質23社になります。

プロバイダを選ぶポイントは以下の5つです。

  1. 月額料金が安いタイプAから選ぶ
  2. 実際の回線速度が速いプロバイダを選ぶ
  3. Wi-Fiルーターの無料レンタルがあるプロバイダを選ぶ
  4. v6プラス対応のプロバイダを選ぶ
  5. セキュリティサービスが充実したプロバイダを選ぶ

総合評価で最も人気のプロバイダはGMOとくとくBBです。

\高性能Wi-Fiルータープレゼント実施中/

GMOとくとくBB公式サイトはこちら

最大20,000円キャッシュバック

管理人クッキー

この記事を参考にあなたにとって最も良いプロバイダが見つかることを心より祈っています。

-光回線, ドコモ光