アフィンガー6

【画像付きで解説】affinger6の見出しデザインをカスタマイズする方法【全パターン紹介】

この記事ではaffinger6の「記事タイトル&見出し」の色・デザイン・フォントサイズ設定をカスタマイズする方法を解説していきます。

affinger6を購入したばかりでまだ設定してない方はぜひ参考にしてみてください。

※affinger6の見出しデザインを全パターン紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

見出しとは?

見出しとは記事内容が一見してわかるように、文章の前に示す簡単な言葉・標題・タイトルのことです。

まさにこの「見出しとは?」が見出しです。

affinger6にはこの見出しのデザインをカスタマイズする機能が豊富にあり、様々な色のデザインに変更できます。

見出しのカスタマイズ方法

見出しのカスタマイズは「WordPressの外観⇒カスタマイズ⇒見出しタグ/テキスト」から変更できます。

※記事が無くても下書きで見出しを作りプレビューからカスタマイズで見ることができます。

続いてh2を実際にカスタマイズしてみます。

見出しの色のカスタマイズ

h2タグをクリックすると下記画像の画面になるのでここで色のカスタマイズができます。

試しに色を変えてみます。

上記画像の様にそれぞれ個別に色指定できます。

見出しのデザインのカスタマイズ

色設定よりさらに下にスライドするとデザインの設定項目が出てきます。

ここからデザインスタイルを自由に選んで適用できます。

参考までに全タイプをご紹介します。

見出しデザイン一覧

全タイプ色共通で見比べてみます。

色は区別しやすいようこちらにします↓

それでは見ていきましょう。

吹き出しデザイン↓

囲み&左ラインデザイン↓

 2色アンダーライン↓

グラデーションアンダーライン↓

センターライン↓

ショートライン↓

囲みドットデザイン↓

ストライプデザイン↓

 破線アンダーライン↓

左ラインデザイン↓

チェック(ボックスタイプ)デザイン↓

以上です。

そのほかテキストの設定などは下記画像のテキスト通りにできます。

管理人クッキー

テキストを中央に寄せたい場合は「テキストを中央寄せ」にチェックを入れる感じだね

見出しのフォントサイズのカスタマイズ

見出しのフォントサイズの設定だけはカスタマイズ画面ではなく「AFFINGER管理」から設定をします。

「AFFINGER管理」の「全体設定」の「フォントサイズ」を開きます。

すると下記の画面になるのでこちらで細かく設定ができます。

まとめ

今回紹介したのはaffinger6の見出しデザインのカスタマイズ方法です。

h2・h3・h4・h5・h6とそれぞれ設定できるスタイルの数が異なります。

管理人クッキー

h2が最も多くの種類設定できます。

助手ビスケット

h1はタイトルだから設定項目はないよ~

管理人クッキー

主に使うのはh2・h3くらいだね。

たまにh4を使うくらいでh5とh6はめったに使わないね。

見出しタグはSEOにおいて最も重要な項目の1つです。

見た目で適当に使ってしまうとサイトに悪影響を与えてしまいます。

hタグ(見出しタグ)の正しい使い方はこちらの記事で解説しています。↓

hタグ(見出しタグ)の正しい使い方とSEOの影響徹底解説

見出しタグのh1だけタイトルタグと呼ばれますがタイトルタグをつける際はさらに気を付ける必要があります。

h1・h2・h3・h4・h5・h6タグの中でh1タグが最もSEOに影響してきます。

正しいタイトルタグ(h1)の付け方はこちらの記事をご覧ください。↓

SEOに強いタイトルの付け方設定解説

-アフィンガー6